『個人再生』なら【弁護士法人心 東京法律事務所】まで

弁護士による個人再生@東京

  1. 続きはこちら
  2. 続きはこちら
  3. 続きはこちら
  4. 続きはこちら
  5. 続きはこちら

お客様相談室

Q&A

Q&A一覧はこちら

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

新着情報

個人再生をすることによる家族への影響について心配されている方へ

  • 文責:所長 弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2020年10月27日

1 個人再生を行う本人への影響

まず,そもそも個人再生をした本人にどのような影響が出るのかを整理いたします。

まず,個人再生に限らず,債務整理全般に言えることではありますが,手続を行うと新たな借入れが制限され,クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなります。

また,個人再生を行う場合は,官報に氏名と住所が掲載されるという影響が出ます(もっとも,官報を一般人が見る機会はほとんどないと思いますので,実際に影響が生じることは少ないです。)。

2 家族への影響~信用情報~

では,家族にはどのような影響が出るのかということになりますが,信用情報はあくまで個々人単位の話になりますので,家族への影響はないのが原則です。

そのため,ご家族のクレジットカードが使えなくなったり,ご家族の方名義でローンを組めなくなったりということはありません。

ただし,再生をする本人が主たる契約者で,その家族カードをご家族が利用しているといった場合は,そのカードが使えなくなります。

3 家族への影響~保証人~

個人再生を行うことで,保証人はその保証している債務について一括返済をする必要が生じます。

そのため,もしご家族が保証人となっている場合には,個人再生をすることで一括請求を受けることになります。

4 家族への影響~自動車,家~

個人再生は,自宅や自動車等の資産を強制的に処分されることなく生活の再建を図る制度なので,ローンの返済中でなければ,自動車を強制的に処分される心配はありません。

家具や生活必需品等の家財道具も差し押さえられることはありません。

そして,住宅については住宅資金特別条項を利用できるため,住宅ローンを返済中でも基本的に自宅を手放す必要はありません。

他方で,車のローンを返済中である場合,ローンの完済まで自動車の所有権はローン会社にあることがほとんどなため,個人再生手続を行うことで,ローン会社に自動車を引き上げられてしまうことになります。

自動車がないと生活に大きな支障が出るという場合,ご家族にも事実上影響が生じるといえます。

5 家族への影響~手続への協力~

個人再生の申立てをするには,そのときの家計の状況をきちんと把握する必要がありますので,同居されているご家族の協力が必須です。

そのため,申立てにあたっては,申立人だけでなくご家族の方も一緒に協力して準備を進めていくことになり,ケースバイケースではありますが,ご家族の方も財産関係の資料等をご準備いただくことがあります。

個人再生で債務を返済する期間

1 個人再生とは

個人再生とは,債務が払えなくなった場合に,それを債務額や財産の総額,可処分所得等に応じて減額し,支払っていく手続きになります。

2 返済期間

払っていく期間は,再生計画が認可され,それが確定した日から3年以内に支払うことが原則となります。

通常は,毎月もしくは3か月に1回の返済を3年間続けるということが多いです。

ただ,清算価値(財産の総額)で返済額が決まるような場合で,かつ,当該財産を売却等処分する予定があるような場合は,財産を処分してしまい,それを原資にして1回で支払いを終了させてしまうこともあります。

3 返済期間の延長

では,3年間の分割で支払っていくことが難しい場合には,個人再生はあきらめざるを得ないのでしょうか。

法律は,3年間で支払っていくことができないような「特別の事情」がある場合には,5年を超えない範囲で弁済期間を延長することができると定めています。

したがって,継続的な収入はあるが,必要な生活費や,住宅資金特別条項を定める場合の住宅ローンの支払いを控除すると,3年間では減額された金額を支払っていくことが困難であること,及び,延長すれば再生計画案の履行の見込みがある場合には5年間の分割で支払っていくことができることになります。

4 個人再生を考えている方へ

個人再生ができるかどうかは,法律に従った再生計画の履行可能性があるかどうかが問題になることが多いです。

そして,個人再生を行った場合に,債務額がどこまで減額されることになるか,どのような事情があれば3年間でなく5年まで返済期間を延長することができるかは,個々の事情によるところが大きく,その判断は難しいところがあります。

そのため,個人再生をお考えの方は,お早めに弁護士にご相談いただくのが良いと思います。

弁護士法人心 東京法律事務所では,個人再生の相談については無料で承っております。

個人再生をお考えの方は,お気軽にご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生による借金問題の解決

貸金業者からお金を借りる時,漠然とでも「こうやって返していこう」と返済の予定を考えている方は多いかと思います。

ですが,残念ながらその予定は必ずしも順調にいくとは限りません。

思ったよりも返済にお金を回せなかった,そもそも収入が減ってしまったなど,さまざまな理由で返済が滞ることもあるかと思います。

お金を返すためにさらに借り入れを繰り返すなどして,結果借金が返しきれない金額にまで膨れ上がってしまうこともあるかもしれません。

そのような時には,これ以上状況がひどくなってしまう前に弁護士にご相談ください。

このような借金に対応するための方法の一つに,「個人再生」という方法があります。

個人再生というのは,裁判所の関与のもと借金の減額や利息のカットなどを行ったり,長い期間での分割払いにしてもらったりする制度です。

個人再生をすることで,その後無理なく借金を返済していくことができる場合があります。

ただし全ての人の借金が減額されるわけではありませんので,お気をつけください。

ご自分の借金がどのように減るかということをあらかじめきちんと予測してから個人再生の手続きを行わないと,個人再生が認められても結局借金を返せなかったということになりかねません。

当法人では,個人再生を得意とする弁護士が見通しをご説明するほか,皆様が経済的な立ち直りを図ることができるよう個人再生の手続きをサポートさせていただいております。

東京で借金を抱え,個人再生をお考えの方はご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ